Google

2005年11月16日

こんなゲームがあったら・・・

ダーツのゲームにも色々ありますよね。
01、クリケットが基本的なものですが、カウントアップやローテーションなど一人でも出来るもの等等・・・
皆さんはどんなゲームが好きですか?相性なんかもあるでしょうけどね。

俺はお1よりもクリケットの方が好きですねぇ、狙ってる感、トリプルに入った時の幸福感、かけ引きや、緊張感など、そりゃぁ狙い通りに入れば何でも楽しいと思いますけど。
俺はクリちゃん派ですw。

ダーツには他にも楽しいゲームが沢山あります。俊さんも大好きなスプラット、他にもボーリングや○×ゲームみたいなのもあります。

よく勝負して負けた人(チーム)が勝った相手に1杯おごる「1杯賭け」
次のゲーム代を賭けて勝負する「ゲー代賭け」
負けたらテキーラを飲む「自腹テキーラ賭け」
負けたら卵の君にテキーラを注いで一気する「君だけテキーラ賭け」
負けたら日本橋に行ってアキバ系のお兄さんに「服はズボンから出しなさいよ!」と叱る「×ゲーム賭け」

など色々な楽しみ方がありますよね〜
まぁ今回のテーマはどんな賭け?じゃなくてこんなゲームがあったらって言うことなんですが、もちろんレベルによって色々なゲームが出来ると思うんです。

現在ダーツマシン本体って国産のものはないと思うんですが、なぜ世界のゲーム機を作っている日本のゲームメーカーはダーツマシンを作らないのかなァ?って思います。

そこで、俺が考えてみました、出来る出来ないは別としてこんなゲームがあったら面白いなァってことです。

 @ダーツすごろく(人生ゲームなど)
  いわゆるボードゲームの人生ゲームの様にルーレットの代わりがダーツなんです。基本的には0〜9の数字(下一桁)を使用して、その数だけ進んで止まったマスの指示に従います。

   【スタッ!】
   
   「14だぁ、4進む」 

   【ピローンピローンピローンピローン】
   
   【ちゃらら〜ん】

   【次回フライトを取って投げなければいけない】 ジャジャーーン!

  「ぬぅおぉぉぉぉおおおおおおおっ!そんなん無理だよ!!」

  「フフフ 次は俺の番だぜ」

   【スタッ!】
   
   「18だぁ、8進む」 

  【ピローンピローンピローンピローンピローンピローンピローンピローン】
   
   【ちゃらら〜ん】

   【隣の人に牛乳を口移しで飲ませる】 ジャジャーーン!

  「えーーーーーーーーーーーーーっ!お前にかよ!!牛乳なんかねーよ!!」


みたいな・・・楽しいでしょ?あ、でも時間かかりすぎて儲かりませんね・・・ ボツですか?



 A神経衰弱
  これはボードダーツが刺さるとその場所の絵や記号なんかが画面に出てくるんです。
  まぁトランプの神経衰弱と同じです。イメージ的にはヒドゥンクリケットみたいな感じで
  すかね?最終的に全部の的を開けて沢山ペアをとった方が勝ち。

これはいけるんじゃない?もうすでにありますか?どーでしょう


 Bバトルゲーム
  これは最近子供の間で流行ってるムシキングとかカードバトルと同じです。ライブのカー
  ドのようにバトルカードを購入し、対戦相手のカードを倒して経験値やHP(ヒットポイ
  ント)を稼いで行き、自分のカードキャラを育てたりするゲームです。入った数字の分だ  け相手にダメージを与えたり、ブルに入ったらHPが回復したりするゲーム。

これも面白いでしょ?10ラウンド内に相手のカードキャラを倒せばいい。これだったら楽しくバトルできますし、レアカードなんかがネットオークションで売り買いされちゃったりね〜

その他にもいろんなアイデアはあると思います。でもこうなったらダーツじゃなくなっちゃいますね・・・すぐに飽きるだろうし、でもダーツをやる年齢もぐーーーッと広くなるんでは?と思います。ここでは書けない様なアイデアもいくつかありますが・・・w

メーカー各社の皆さん、ゲーム化するならご連絡くださいね。お安くしておきますよーw
っつーか自分で作っちゃうか?出資者も同時募集しますのでご一報下さい!
posted by W@RKS at 20:16| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

人物紹介A 〜なおや編〜

最近忙しくてダーツできません。素振り程度しかやってないなぁ・・・

なぜか人物紹介が好評なようです。

早速ですが今回は「せんぱ〜い。俺ぅお紹介してくださぁいよぉ〜」と鼻から抜けるような話し方で話すうにPこと「なおやくん」の紹介です。

なおやとの出会いはインターネット麻雀「東風荘」という、ネットで対戦する麻雀ゲームで出会いました。

東風荘を始めたのが今から9年位前かな?毎日のようにやってると常連になり、いつも同じメンバーで麻雀をやるようになり、そのうち軍団やら荒らしやらいろんなヤツが出てくるもんなんです。

3年位前に知り合ったのかな?
なおやは東風荘では「うにP」というハンドルネームで麻雀をしていました。

その昔「うるぴ〜」というハンドルネームのヤツと仲良くしていたため、うるぴ〜と間違えて話しかけたのかな?よく覚えてませんけど・・・

いろいろ話しているうちにどーやら俺の出身大学の近くで学生をしていた様子。もちろんいくつかの大学があるのですが、レベルの高いほうの大学名を言っていく

「うにPって○○にある大学に通ってたの?」

「うん、そーだおー」

「もしかして、◎○大学?」

「そんなに頭よくないおー」

「じゃぁ、○×大学??」

「違うおー、もっと馬鹿だおー」

「確かに馬鹿っぽいもんな・・・お前・・・」

「まさか、、、パチンコ○ールド?」(と、あえて母校の近所のパチンコ屋の名前を出す)

「ぬぉぉぉぉおおおおおおおおっ!何で知ってんおー」

「あ・・・嫌な予感・・・後輩だな・・・うに」

「でぇ〜〜せんぷぁーい!」

「こでからはせんぷぁいってよぶのらー」

「やめてくれ・・・頼むから・・・」

その後オフ会で初めて会いました。印象は?といいますと・・・
「グーグーガンモの声の若い玉置浩二??」「なおやというより、なよなよや」
というような印象でしたねw

でも明るくてみんなに好かれて年上にはかわいがられるタイプですね、俺にとってはいじりやすいタイプ?いつも金がない金がないといっておごって貰ってましたね・・・

そんななおやにも特技がありまして、ビリヤードがうまいんですよ。B級の腕前で、ビリヤードやってる姿はかっこいいんですけどね〜(声出さないからかな・・・w)

ダーツを始める前はビリヤードにはまってた時期があって、横浜に帰った時はよくなおやに教えてもらいました。やっぱりうまい人に教えてもらうと自分の悪いところなんかも判るんで普通は上達するんでしょうけど、やっぱり俺は中途半端でなかなか上達しませんでしたけどねw
ダーツと一緒です。

そんななおやと先月久しぶりに横浜で会いました。ビリヤードとダーツを一緒にやったんですがダーツの腕前もなかなかでした。ビリヤード→ダーツに転向する人って結構多いんですよね。相変わらず彼女もいなくて声も変でしたが

「ダーツのほうがビリヤードより女にもてるぞ?」と言ったらその気になってましたのでダーツに転向するのも時間の問題ですね。

そんななおやは現在彼女募集中です。誰かいい人いたら紹介してやってください。


「俺も紹介してくれ!」「私も紹介して!」という人がいたら紹介しますよ〜
自薦他薦は問いませんw我こそはと思う人はコメントくださいね。

次は誰を紹介しようかなぁ(っつーかダーツとグルメはどこにいったんだ??)

posted by W@RKS at 10:07| 大阪 ☁| Comment(12) | TrackBack(1) | 人物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

人物紹介その@ 〜俊さん編(変)〜

今年も残すところあと1ヶ月余り、1年が早いです。ついこの間花見したと思っていたらもう冬です。そろそろ皆さんも1年を振り返ってみてはいかがでしょう?

仕事柄、出張やダーツの旅等等出会いの機会が非常に多い俺はネタ的にも「人物紹介」って結構おもしろいかな?と。

そこで本人の希望もあって今日は人物紹介をします。

記念すべき第1回は近所のダーツBARで知り合いました「俊さん」のご紹介です。

俊さんとの出会いは今年の4月くらいだったでしょうか?北大阪大会で準優勝した時のペアだった杉ちゃんとダーツBAR「SENCE」に行った時に初めて出会いました。

051030_1047~01.jpgおちゃめな35歳俊さんです。

初めて会ったときはお互いに同じ歳だとは思っていませんでしたが、謎の多い怪しい人だなぁと、いう印象でした。
何度かSENCEで顔を会わせ、何度か対戦しているうちに話も合い、非常に共通点が多いことから意気投合し、最近では2人で飲みに行ったり、遠征投げしに行ったりと、仲良くさせてもらってます。

会うたびに「えっ?同じ歳?」次に会った時は「何っ!同じ携帯じゃん!」さらに次に会った時には「嫁の名前も同じかよっ!!!」なんとなく性格も似てますかね?新しもの好きで飽きっぽいとこなんかw

恐ろしく俺を追いかけてくる男です・・・(^^;)

会った当時はレイティングも5弱で俺と同じCCフライトだったのですが、メキメキと上達し、今では「チーム金魚のリーサルウェポン」と呼ばれ、対抗戦では「日本代表の男俊介」「本番に強い男」「無冠の帝王」などという異名を持つまでに成長しているのでした。

最初から抜かされてましたね・・・(;;)

よく一人で遠征して、ダーツの置いてあるBARやスナック?を見つけては、最初じーーーっと座って様子をうかがっていて、相手を捕まえては「いっしょにやりませんか?」といって対戦しているようです。その度に「余裕っすわ」「コテンパンでしたわ」「俺最強っすわ」と電話やメールが来ます。

ホント、お茶目な人ですねw

そんな俊さんですが、いつかあなたのいるお店にも現れるかもしれませんので、その時はお相手してあげてくださいね。

以上人物紹介その@〜俊さん編〜でした。
posted by W@RKS at 22:15| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 人物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dartlive_bunner.jpeg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。