Google

2006年01月13日

大阪にいながらにしてこんなにおいしいものが食える!

実に久しぶりのグルメ記事となりますが、ぜひともみんなに
教えたいお店がありまして筆不精な俺も重たい筆?キーボード?
を執った次第でございます。

その名も「本生御殿・丼ぶりや」
北海道の幸が大阪でこの値段で食えるなんて奇跡としか言いようがないですね。

みんなは北海道といえば「カニ」と思うでしょうが、もちろん「ウニ」
「いくら」そのほか何でもおいしいんですけど、意外においしくて
びっくりするのが「貝」だったりするんですよね。

俺も出張で1ヶ月くらい小樽の近くにいたんだけどこの時に食べた
「ホッキ貝」とか「ミル貝」がうまいことうまいこと!

それと魚ですねやっぱり「ホッケ」ですかねー。
北海道のホッケはでかいって言うじゃないですか?
でかいだけじゃなくてみずみずしさが違うんですよね〜
やっぱり大阪や東京で食べる本場のホッケってあるんですが
なぜか大味に思えるんですよ。

実はその出張中ほぼ毎日「ホッケ定食」食べてたんですけどね
日によって、というか火加減(焼き方)によって味が変わるんですよ
レアかウェルダンによってねw

とにかく北海道は何を食べてもおいしかったなぁ

そんな北海道の幸が大阪でも安く食べられるのがこの

「本生御殿・丼ぶりや」

なんです。

場所はあみだ池筋と長堀通りの白髭橋の交差点すぐ近くトヨタ
レンタリースの前にあります。
店内にはテーブル席が5つ程あって笑顔の素敵な奥さんと
必ず「つぼだい」をすすめてくるご主人と、ご主人そっくりな
板さん(多分兄弟だと思います)
とにかく
北海道のおいしいもんを大阪の人に沢山味わってもらいたい!
という気持ちが伝わってくるんです。

値段的にも非常に安いですよ。確かに極上品とは言いませんが、
大阪でも新地のちょっといい寿司屋でもなかなか食べられない
ようなおいしい素材のものがあの値段だったら極上品以上の
価値はあります。
(丼ぶりやさん生意気言ってすいません…w)

みなさんに知ってもらいたいのですが、全国各地の名産品って
言うのは結構その地元に行ったら安くて本物がてべられると
思われがちですが特に生ものや鮮度に関係してくるものって
言うのは地元では食べられないものなんです。

例えば大分の「関アジや関サバ」富山の「氷見港の寒ぶり」
こういうものは水揚げされたらほとんどが東京の築地に送られて
初めて高値がつくんです。地元で安く売ってしまったらそれこそ
漁師さんたちは商売あがったりです。だからいいものはほとんど
築地に出て行く。
「氷見の寒ぶり」と言っても実際には北海道のオホーツク沖で取
れたブリでも氷見港から水揚げすれば他の港よりも高値で売れる
からわざわざ氷見で水揚げするんですよ。

北海道を旅行してもお土産は有名観光地の市場なんかで買うより
ちょっと観光地から離れた地元の魚屋さんや国道沿いにある無人
やさい販売所なんかに置いてある新じゃがなんかを自分で宅急便
で送った方が安くておいしいものが沢山買えますよ。

観光バスが止まれるような大型お土産屋さんなんかで買ったら
損しますw

そんな北海道のおいしいものが大阪のしかも堀江で食べられるなんて!
とにかく一度「丼ぶりや」覗いてみてください。
魚の嫌いな人も「つぼだい」はお奨めです。
デリバリーで海鮮丼やジンギスカンもやってますし、新しい試みで今後
どんどん発展していくと思います。

今ならホームページからリンクのあるブログを見たら
いいこともあるらしいですよ〜

(店長!これだけ宣伝したら俺もいいことありますよね!!)
posted by W@RKS at 13:54| 大阪 ☁| Comment(57) | TrackBack(6) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

この1杯が最高!そのA 〜シングルモルト余市12年〜

【代引のみ・代引料込み・限定販売】ニッカ 35年 ピュアーモルト ギフト 700ml 48度(The ... ←お歳暮待ってます。

蒸留所の販売コーナーが終わるのが17時、俺の仕事が終わるのも17時。
仕事が終わってから販売コーナーに行っても閉まっている。

さて、どうしたものか?そうだ休憩時間に行けばいいんだ!

15時になると俺は山田さんの所に行って、30分だけウヰスキーの話を聞いた。

それまでウヰスキーなんか何でも一緒だと思っていたけど、製法や原料によって
味が違うことや保存状態によっても色やコクなども変わる事などを教えてくれた。

確かにそこに置いてある原酒を見ても年数が経ってるからと言って色が濃いって訳では
ないようだ。味はどうなんだろう…

山田さん:「試飲してみる?」

俺:「え?いいんですか?でも、まだ仕事中ですから…」

山田さん:「あぁ、あそこで工事やってるのおたくらかい」

俺:「はい、今月末までいます。」

こんな感じでほぼ毎日山田さんの所に通ってウヰスキーについての勉強です。
山田さん以外にも蒸留所で働いている人にも色々聞いたところ
「今年は20年モノの原酒がうまい!」という方が多くいました。

この蒸留所で働いている人を見てると、本当にニッカをそしてウヰスキーを愛してる
人たちが多い!みんな愛情を込めてウヰスキーを造ってるように感じました。
ウヰスキーの話をしている時はみんな目がキラキラしてるんです。

そんなニッカのウヰスキーが俺は好きになりました。

さて、試飲です。

まずは「原酒蒸留直後の貯蔵前」のもの。無色透明でウヰスキーには見えません。
蒸留酒ですから焼酎みたいな感じです。アルコール度数の高い(62%くらい)
辛くてきつい感じ。

次に「5年もの」これはもう見た目はしっかりウヰスキー。
味もウヰスキー。やっぱり辛い。アルコール度数も63%と高い。

次は「10年もの」色は濃く香りもスモーキー。辛いけどコクのある感じ。
深みを感じます。

そして「20年もの」うまいっ!! 
辛いがすごく香りがいい!色は10年ものより薄い感じがしますが、味は
ものすごく深く、喉を通った後にすごーくマイルド感がありました。

最後に「25年もの」
もう訳がわからん!!!違いがわからない…


こんな感じで数回山田さんの元に行って試飲しては悩み、結局「5年もの」と
「20年もの」を購入。

20年ものは5年くらいかけてチビチビ飲もうと思っていたんですが、うますぎて
1年持ちませんでした…

実際のウヰスキーはこれらの原酒を色々ブレンドしてみんな同じ味にするそうです。
この原酒のアルコール度数が高いのもブレンドしたら通常販売されている度数
(43%程度)になるんだそうです。

原酒は各蒸留所でしか販売していません。通販でも近所の酒屋でも売ってません。
みなさんも北海道に行った際にはぜひニッカウヰスキー余市蒸留所に行ってみてください。

飲んでみて、初めてわかるそのうまさ!

posted by W@RKS at 18:12| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

この1杯が最高!その@ 〜シングルモルト余市12年〜

ニッカ シングルモルト余市12年(限定品) ギフトケース ←お歳暮にいかが?(俺も待ってますw)

最近ダーツも投げてないし、「全国グルメとダーツの旅」って言うわりには「グルメ」に関しての記事がまったくねーじゃん!

と、ツッコミが来そうなのでここらでグルメネタを一つ。

今回はグルメといってもお酒の話です。

普段家や出張先で晩酌はしないのですが、スナックやBARに行ってワイワイ飲むことが大好きな私は「アルコール」なら何でも飲みます。そして強いです。(最近はだいぶ弱くなったかなぁ)

そんな私の大好きなウヰスキーを今日は紹介させてください。

一昨年の4月に仕事でニッカウヰスキーの余市蒸留所に行きました。

余市蒸留所は工場見学ができ、試飲やウヰスキー作り体験などもできるのです。

ある日仕事が早く終わったので、工場見学ツアーに参加しました。
綺麗なお姉さんが工場を案内してくれるし、ウヰスキーも飲めるのでワクワクしながら参加したのです。

ウヰスキーの出来るまでの工程と、実際の機械や酒蔵庫などを見学した後いよいよ試飲コーナーです。

そこでは蒸留所限定のウヰスキーや原酒の販売をしていました。

私の興味はこの「原酒」でした。

  「原酒」には「1年」「5年」「10年」「15年」「20年」「25年」

があり、酒蔵に貯蔵していた年数ごとに色も味も違うし、また製造した年の気候や保存期間の状態によってまったく違う味になるそうです。

原酒の販売コーナーには、この蒸留所で働いていて定年後この販売コーナーでお世話になっているという、山田さん(仮名)がいました。

この日から仕事が終わるまでのほぼ毎日、俺は山田さんの元に通うのでした・・・


ニッカウヰスキー株式会社」←俺の大好きなニッカのホームページはこちら
posted by W@RKS at 11:52| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

殺人的スケジュール(リアル桃鉄の巻)

いやいや忙しい!!ノートパソコンのカバーを開く暇さえなかった・・・前回のブログも移動中の電車の中で書いたのですが、その後もハードスケジュールだったため更新が遅れてしまいました。

ここ数日、先週の木曜から昨日の日曜までで日本全国移動してその距離約2400`!
水曜の夜の徹夜明けの富山ハウストーナメントが終わり木曜の朝サンダーバートで大阪に移動して着替えてすぐに広島移動。

この日は移動のみだったので広島の友人と呉市にあるダーツBARCafe FelixここはD−1が2台置いてあって呉市内の夜景が一望できるお勧めBARです。小一時間友人とダーツを投げた後、呉市で唯一GUINESSのドラフトが飲めるBARにいって1杯だけGUINESSを飲んで就寝。

金曜日は朝から講習を受け、夕方に広島から大阪に移動。帰りに近所のPleasure Bar SENSEに寄ってちょっとだけ投げて帰宅。深夜まで翌日の友人の結婚式の準備をして就寝。

土曜は8時の新幹線で東京の舞浜、ディズニーリゾート内にあるホテルオークラで友人の結婚式。実はこのホテルオークラは2年ほど前に第一ホテル東京ベイからホテルオークラ東京ベイに変わったのですが、何を隠そう私も10年と2ヶ月前にこのホテルで豪勢な?結婚式を挙げた思い出のホテルでもあるんです。

当日結婚する友人と言うのが俺の中学、高校、浪人時代wと苦楽を共にした友人で、就職後もなぜか大阪に配属されたという腐れ縁なヤツなんですが、やっと結婚することができ、今回是非俺と同じホテルで結婚式をやりたい!というわけで・・・

いやいやそんなはず無いでしょ!絶対に同じところは嫌だ、と言う本人の希望だったのですが、ホテル名が替わっているなんて知らない2人は「第一ホテル」「ホテルオークラ」は違うホテルと思っていたんです。友人の結婚式の案内状見るまで気づきませんでしたよ・・・

当日は高校の卒業以来会っていない友人3人とも会えるので楽しみにしていたのですが、会ってびっくり!!いやぁ〜17年という歳月は恐ろしいですね〜変わり果ててるのは俺だけではなかったんですよねw

何故か新郎の友人席には住職が2名、割腹のいい社長らしきオヤジ1名、セレブ系主婦1名、俺を含めこの4人は高校時代の同級生。後2人は新郎の元会社の同僚。中身は同じ歳6名のテーブルだったんですが、廻りにはどのように見えていたかは謎のままにしておきましょうw
(画像を張りたいのですが危険すぎるため今回は載せられません)

式が終わった後は同級生4人で久しぶりに横浜で飲みました。昔話は尽きることなく5、6時間くらいかなぁ?山下町にある赤レンガ倉庫にある、これまた友人が働いてるお店で飲んでました。横浜に立ち寄った際には是非行ってみてください。ベイエリアが一望できる結構いいお店でした。「W@RKSさんの紹介で!」と言っても分からないと思いますのでメールでもくれたら友人に声かけておきます。デザートくらいはサービスさせますよ!

↓お店のホームページはこちら↓
菫SUMIRE.

横浜は俺が23年間生まれ育った街なんですが今はだいぶ変わって山下町もえらいお洒落になってましたよ。この赤レンガ倉庫は昔はボロボロの倉庫だったのに今は素敵なお洒落スポットになってしまって・・・中学当時この倉庫の敷地に忍び込んで赤レンガの外壁にスプレーで名前を書いたんですがwそれもキレイに消えてなくなってましたね(爆)

今回はやっとグルメチックな話しができました。
日曜日には大阪に帰ってきたんですが、何故か今日は突発でまた徹夜で仕事です・・・
日本を守る正義の味方という職業は辛いですね〜眠い目をこすりながら仕事中にブログの更新。ま、そんなことが出来る仕事ってのもアリかな・・・

長くなりましたので今日はこの辺で・・・富山BARでハウストーナメントに参加!(後編)はまた後日書きますのでカンベンください・・・
posted by W@RKS at 00:00| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dartlive_bunner.jpeg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。