Google

2006年01月13日

大阪にいながらにしてこんなにおいしいものが食える!

実に久しぶりのグルメ記事となりますが、ぜひともみんなに
教えたいお店がありまして筆不精な俺も重たい筆?キーボード?
を執った次第でございます。

その名も「本生御殿・丼ぶりや」
北海道の幸が大阪でこの値段で食えるなんて奇跡としか言いようがないですね。

みんなは北海道といえば「カニ」と思うでしょうが、もちろん「ウニ」
「いくら」そのほか何でもおいしいんですけど、意外においしくて
びっくりするのが「貝」だったりするんですよね。

俺も出張で1ヶ月くらい小樽の近くにいたんだけどこの時に食べた
「ホッキ貝」とか「ミル貝」がうまいことうまいこと!

それと魚ですねやっぱり「ホッケ」ですかねー。
北海道のホッケはでかいって言うじゃないですか?
でかいだけじゃなくてみずみずしさが違うんですよね〜
やっぱり大阪や東京で食べる本場のホッケってあるんですが
なぜか大味に思えるんですよ。

実はその出張中ほぼ毎日「ホッケ定食」食べてたんですけどね
日によって、というか火加減(焼き方)によって味が変わるんですよ
レアかウェルダンによってねw

とにかく北海道は何を食べてもおいしかったなぁ

そんな北海道の幸が大阪でも安く食べられるのがこの

「本生御殿・丼ぶりや」

なんです。

場所はあみだ池筋と長堀通りの白髭橋の交差点すぐ近くトヨタ
レンタリースの前にあります。
店内にはテーブル席が5つ程あって笑顔の素敵な奥さんと
必ず「つぼだい」をすすめてくるご主人と、ご主人そっくりな
板さん(多分兄弟だと思います)
とにかく
北海道のおいしいもんを大阪の人に沢山味わってもらいたい!
という気持ちが伝わってくるんです。

値段的にも非常に安いですよ。確かに極上品とは言いませんが、
大阪でも新地のちょっといい寿司屋でもなかなか食べられない
ようなおいしい素材のものがあの値段だったら極上品以上の
価値はあります。
(丼ぶりやさん生意気言ってすいません…w)

みなさんに知ってもらいたいのですが、全国各地の名産品って
言うのは結構その地元に行ったら安くて本物がてべられると
思われがちですが特に生ものや鮮度に関係してくるものって
言うのは地元では食べられないものなんです。

例えば大分の「関アジや関サバ」富山の「氷見港の寒ぶり」
こういうものは水揚げされたらほとんどが東京の築地に送られて
初めて高値がつくんです。地元で安く売ってしまったらそれこそ
漁師さんたちは商売あがったりです。だからいいものはほとんど
築地に出て行く。
「氷見の寒ぶり」と言っても実際には北海道のオホーツク沖で取
れたブリでも氷見港から水揚げすれば他の港よりも高値で売れる
からわざわざ氷見で水揚げするんですよ。

北海道を旅行してもお土産は有名観光地の市場なんかで買うより
ちょっと観光地から離れた地元の魚屋さんや国道沿いにある無人
やさい販売所なんかに置いてある新じゃがなんかを自分で宅急便
で送った方が安くておいしいものが沢山買えますよ。

観光バスが止まれるような大型お土産屋さんなんかで買ったら
損しますw

そんな北海道のおいしいものが大阪のしかも堀江で食べられるなんて!
とにかく一度「丼ぶりや」覗いてみてください。
魚の嫌いな人も「つぼだい」はお奨めです。
デリバリーで海鮮丼やジンギスカンもやってますし、新しい試みで今後
どんどん発展していくと思います。

今ならホームページからリンクのあるブログを見たら
いいこともあるらしいですよ〜

(店長!これだけ宣伝したら俺もいいことありますよね!!)
posted by W@RKS at 13:54| 大阪 ☁| Comment(57) | TrackBack(6) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dartlive_bunner.jpeg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。